前Page

今日、読んだ箇所、選んだ箇所 そして 独り言(メモ)
「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」
(2018年 1月)

2018/ 1/ 1 読: 詩篇 17~19篇
選: 詩篇 19篇 7~8節
主のみおしえは完全で、たましいを生き返らせ、主のあかしは確かで、わきまえのない者を賢くする。
主の戒めは正しくて、人の心を喜ばせ、主の仰せはきよくて、人の目を明るくする。
メモ: 主のみ教え、主の証し、主の戒め、主の仰せ。そのすべてが私たちを生かす。
2018/ 1/ 2 読: 詩篇 20~22篇
選: 詩篇 20篇 4~5節
主があなたの願いどおりにしてくださいますように。あなたのすべてのはかりごとを遂げさせてくださいますように。
私たちは、あなたの勝利を喜び歌いましょう。私たちの神の御名により旗を高く掲げましょう。主があなたの願いのすべてを遂げさせてくださいますように。
メモ: 私たちは、攻撃してくる疑いを打ち倒し、子供のような心で、主に願います。
2018/ 1/ 3 読: 詩篇 23~25篇
選: 詩篇 25篇 12~14節
主を恐れる人は、だれか。主はその人に選ぶべき道を教えられる。
その人のたましいは、しあわせの中に住み、その子孫は地を受け継ごう。
主はご自身を恐れる者と親しくされ、ご自身の契約を彼らにお知らせになる。
メモ: 心配することありません。主は私たちに選ぶべき道を教えてくださるのです。
2018/ 1/ 4 読: 詩篇 26~28篇
選: 詩篇 28篇 2節
主よ。私を調べ、私を試みてください。私の思いと私の心をためしてください。
メモ: 主よ。私たちを調べ、試みてください。私たちの思いと心を試してください。
2018/ 1/ 5 読: 詩篇 29~31篇
選: 詩篇 29篇 1~2節
力ある者の子らよ。主に帰せよ。栄光と力とを主に帰せよ。
御名の栄光を、主に帰せよ。聖なる飾り物を着けて主にひれ伏せ。
メモ: 主抜きに計画を立ててもいいが、成し遂げるためのものを下さるのは主です。
2018/ 1/ 6 読: 詩篇 32~34篇
選: 詩篇 33篇 6~8節
主のことばによって、天は造られた。天の万象もすべて、御口のいぶきによって。
主は海の水をせきのように集め、深い水を倉に収められる。
全地よ。主を恐れよ。世界に住む者よ。みな、主の前におののけ。
メモ: 宇宙と地上に存在するものが計画なしに誕生したという考えには無理がある。
2018/ 1/ 7 読: 詩篇 35~37篇
選: 詩篇 37篇 3~7節
主に信頼して善を行え。地に住み、誠実を養え。
主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。
あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。
主は、あなたの義を光のように、あなたのさばきを真昼のように輝かせる。
主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、悪意を遂げようとする人に対して、腹を立てるな。
メモ: 私たちは、人に認めてもらうよりも、主に認めてもらうことを重要視します。
2018/ 1/ 8 読: 詩篇 38~40篇
選: 詩篇 40篇 16節
あなたを慕い求める人がみな、あなたにあって楽しみ、喜びますように。あなたの救いを愛する人たちが、「主をあがめよう」と、いつも言いますように。
メモ: 喜んでいる子を嫌う親はいないと思う。神も喜び楽しむ私たちを嫌いません。
2018/ 1/ 9 読: 詩篇 41~43篇
選: 詩篇 42篇 11節
わがたましいよ。なぜ、おまえはうなだれているのか。なぜ、私の前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の顔の救い、私の神を。
メモ: 神はすべてを見ておられる。私たちには一部しか見えない。神の時を待とう。
2018/ 1/10 読: 詩篇 44~46篇
選: 詩篇 46篇 10~11節
「やめよ。わたしこそ神であることを知れ。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる。」
万軍の主はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらのとりでである。セラ
メモ: やめなよ、本物ではないものに、神が下さった時間と能力を注ぎ込むことを。
2018/ 1/11 読: 詩篇 47~49篇
選: 詩篇 49篇 17~20節
人は、死ぬとき、何一つ持って行くことができず、その栄誉も彼に従って下っては行かないのだ。
彼が生きている間、自分を祝福できても、また、あなたが幸いな暮らしをしているために、人々があなたをほめたたえても。
あなたは、自分の先祖の世代に行き、彼らは決して光を見ないであろう。
人はその栄華の中にあっても、悟りがなければ、滅びうせる獣に等しい。
メモ: 不変の真理とは何であるかが見えてくると、それが生活の土台になるだろう。
2018/ 1/12 読: 詩篇 50~52篇
選: 詩篇 52篇 6~8節
正しい者らは見て、恐れ、彼を笑う。
「見よ。彼こそは、神を力とせず、おのれの豊かな富にたより、おのれの悪に強がる。」
しかし、この私は、神の家にあるおい茂るオリーブの木のようだ。私は、世々限りなく、神の恵に拠り頼む。
メモ: 私たちに能力を下さった方に目を向けない人生は、宙に浮いた人生のようだ。
2018/ 1/13 読: 詩篇 53~55篇
選: 詩篇 55篇 22節
あなたの重荷を主にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。
メモ: 主よ、全部の重荷をあなたに委ねます。心配してくださることを感謝します。
2018/ 1/14 読: 詩篇 56~58篇
選: 詩篇 57篇 1~2節
神よ。私をあわれんでください。私をあわれんでください。私のたましいはあなたに身を避けていますから。まことに、滅びが過ぎ去るまで、私は御翼の陰に身を避けます。
私はいと高き方、神に呼ばわります。私のために、すべてを成し遂げてくださる神に。
メモ: 危険が押し迫る時に、仏像に身を委ね、その背後に隠れる人はいないと思う。
2018/ 1/15 読: 詩篇 59~61篇
選: 詩篇 59篇 16~17節
しかし、この私は、あなたの力を歌います。まことに、朝明けには、あなたの恵みを喜び歌います。それは、私の苦しみの日に、あなたは私のとりで、また、私の逃げ場であられたからです。
私の力、あなたに、私はほめ歌を歌います。神は私のとりで、私の恵みの神であられます。
メモ: 私たちの力は、神の力。この力に結びついていれば負けることはありません。
2018/ 1/16 読: 詩篇 62~64篇
選: 詩篇 62篇 5~8節
私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るからだ。
神こそ、わが岩。わが救い。わがやぐら。私はゆるがされることはない。
私の救いと、私の栄光は、神にかかっている。私の力の岩と避け所は、神のうちにある。
民よ。どんなときにも、神に信頼せよ。あなたがたの心を神の御前に注ぎ出せ。神は、われらの避け所である。セラ
メモ: 私たちの栄光は神にかかっている。だから神に信頼し、神に望みを置きます。
2018/ 1/17 読: 詩篇 65~67篇
選: 詩篇 66篇 10~12節
神よ。まことに、あなたは私たちを調べ、銀を精練するように、私たちを練られました。
あなたは私たちを網に引き入れ、私たちの腰に重荷を着けられました。
あなたは人々に、私たちの頭の上を乗り越えさせられました。私たちは、火の中を通り、水の中を通りました。しかし、あなたは豊かな所へ私たちを連れ出されました。
メモ: 愛する我が子に強くなってほしいと私たち親は思う。神も同じ思いでいます。
2018/ 1/18 読: 詩篇 68~70篇
選: 詩篇 69篇 13節
しかし主よ。この私は、あなたに祈ります。神よ。みこころの時に。あなたの豊かな恵みにより、御救いのまことをもって、私に答えてください。
メモ: 神の業に期待する「しかし」が言えるか言えないかで、人生は大きく変わる。
2018/ 1/19 読: 詩篇 71~73篇
選: 詩篇 73篇 28節
しかし私にとっては、神の近くにいることが、しあわせなのです。私は、神なる主を私の避け所とし、あなたのすべてのみわざを語り告げましょう。
メモ: 子にとっては親元が安心できる場所でありたい。人対神も同じ関係だと思う。
2018/ 1/20 読: 詩篇 74~76篇
選: 詩篇 75篇 2~5節
「わたしが、定めの時を決め、わたしみずから公正にさばく。
地とこれに住むすべての者が揺らぐとき、わたしは地の柱を堅く立てる。セラ
わたしは、誇る者には、『誇るな』と言い、悪者には、『角を上げるな。
おまえたちの角を、高く上げるな。横柄な態度で語るな』と言う。」
メモ: 現在、過去、未来。すべてが見えている神に時を決めてもらうのがベストだ。
2018/ 1/21 読: 詩篇 77~79篇
選: 詩篇 77篇 19節
あなたの道は海の中にあり、あなたの小道は大水の中にありました。それで、あなたの足跡を見た者はありません。
メモ: 神の業に期待を寄せる人は、常識という枠の中に自分を置くことはしません。
2018/ 1/22 読: 詩篇 80~82篇
メモ:
2018/ 1/23 読: 詩篇 83~85篇
メモ:
2018/ 1/24
メモ:
2018/ 1/25
メモ:
2018/ 1/26
メモ:
2018/ 1/27
メモ:
2018/ 1/28
メモ:
2018/ 1/29
メモ:
2018/ 1/30
メモ:
2018/ 1/31
メモ:
前Page